2022年11月23日水曜日

射手座(Sagittarius,サジタリウス, 人馬宮, 火 ) 11月23日~12月21日

 

今年は暑さを避けるために初めて冬に開催されることになったカタール・ワールドカップ。
 
ちょうど、その開幕に合わせるように、天球の配置も蠍座から射手座へと変化する。

ゴールを射るような熱い戦いを夜空から見下ろすように、 

一か月の戦いを終えるとともに、また射手座から山羊座へと天の主も変わっていく。 

中東の地で、どの国の代表が射手座に守られ頂に辿り着くのか、 

4年に一度の世界最高峰の祭典をできる存分楽しむことにする。

2022年11月22日火曜日

小雪 (しょうせつ 二十四節気の20番目)

 

立冬からあっという間に二週間。
気が付いたら街の木々も冬支度を開始した様子。
今年は中東での初の開催となるワールドカップの為に、
暑さ対策の為にこの時期から開幕を迎える。
小雪・大雪の二つの二十四節気を経たら、
新しい王者の決定と共に本格的な冬も訪れているだろう。
まずは明日の夜のドイツ戦。
熱い戦いになることを期待する。

2022年11月9日水曜日

寅/虎 (とら 干支の3番目)

 

今年も残すところあと二か月。
ここまで一年の顔として頑張ってきた虎も、
きっとほっとしているだろうと想像する。
冬の気配と共に来年の卯/兎の足音も聞こえてきそうなこの季節
さぁあと二か月、しっかりと一年を終えることができるようにと、
再度気持ちを引き締める11月の寅の日。




2022年11月7日月曜日

立冬 (りっとう 二十四節気の19番目)

今年もついに最後の四立の日に。
冬の到来を前に、なんとか冬服を出して、
身体の芯まで冷える北京の冬に向けての準備を終える。
オリックスのリベンジで終えた日本シリーズに、
大学駅伝二冠を成した伊勢路の駒沢と、
スポーツの世界もそろそろ今年の締めくくりの雰囲気が漂い始める。
開幕の迫ったワールドカップを楽しみにしながら、
厚手のニットの手触りを楽しむことにする。

2022年10月24日月曜日

蠍座(Scorpio,スコーピオン, 天蠍宮,水) 10月24日~11月22日

 

秋から冬へ向けて夜空の配置も徐々に変わっていくのに合わせる様に、
自然の色もますます深く、その色を変化させていくこの季節。
収穫を祝う日本各地での祭りも一段落し、
出雲で久々の再会を楽しんだ神様たちも、
ぞれぞれの場所へと戻っていく頃。
そして日本中で本格的に冬に向かっての準備が始まる。
長く戻ったいた日本から、中国に戻って始まった隔離生活。
これが明けたら、遅れていた秋の衣替えを行って、
冷え込みの厳しくなる11月の北京の生活に臨むことにする。

2022年10月23日日曜日

霜降 (そうこう 二十四節気の18番目)

秋の最後の24節気。
草に降りる霜に歩調を合わせるように、
気温もグッと冷えて温かいニットがありがたいこの季節。
ドラフト会議も終えて、来年の顔ぶれが揃ったところで、
いざ日本シリーズ。
昨年と同じ顔触れになった今年のシリーズは、
沢村賞投手と令和初の三冠王との対決が待ち遠しい。

2022年10月8日土曜日

寒露 (かんろ 二十四節気の17番目)

 

秋の24節気もあと二つ。
露から霜へと気温の変化を、
草木についた水が教えてくれるかのようなこの季節。
柔道に、卓球に、バレーボール。
そして野球のクライマックスシリーズと熱い戦いが続くのもこの季節。
出雲駅伝で始まる駅伝シーズンは、
今年はどこの大学がトップで駆け抜けるのかを想像しながら、
肌寒い中に羽織るニットの温かみを楽しみにする。